◆巨人6―1阪神(8日・東京ドーム)

 巨人は投打がかみ合い阪神に快勝した。打線が3回までに6点を挙げると、先発・マイコラスは7回4安打無失点と安定の投球で2年ぶり2ケタ勝利となる10勝目を挙げた。阿部は2安打を放ち、通算2000安打まで残り4本とした。またこの日、1軍初昇格した宇佐見が8回に代打で登場し、プロ初打席初安打となる中前打を放った。

 打線は初回1死一、二塁で阿部が一、二塁間を破る右前適時打。2回には石川が5号ソロで追加点。3回には2死一塁で阿部が通算1996安打となる右前打で攻撃の足がかりを作ると、連続四球で押し出し。石川が中前への2点適時打で続くと、小林は敬遠ぎみの四球。満塁でマイコラスが左前適時打を放った。打線は9安打で、連続試合2ケタ安打は7でストップした。

 先発・マイコラスは7回まで阪神打線に三塁を踏ませず、4安打2四球無失点。3番手の田原が9回に1点を失ったが、そのまま逃げ切った。

 明日9日も同カードが行われる。予告先発は巨人・畠、阪神・青柳。