◆ロッテ17―8ソフトバンク(8日・ZOZOマリンスタジアム)

 今季初の先発全員安打、いずれも今季最多となる19安打17得点の猛攻でソフトバンクを圧倒。

 11―2から3点差まで詰め寄られた7回2死一、二塁、代打・井口が中前適時打を放ち、試合の流れを引き戻した。「嫌な展開ではありましたけど、いいところで使ってもらえたので」。引退試合となる9月24日の日本ハム戦(ZOZO)のチケットも完売し、存在感は別格だ。「ちょっと面白くしないとね」と上位いじめを宣言していた伊東監督もにんまりだった。