◆エルムS追い切り(9日・札幌競馬場)

 8月13日に札幌競馬場で行われる第22回エルムS・G3(ダート1700メートル)へ向けて、3連勝中のテイエムジンソク(牡5歳、栗東・木原一良厩舎)が9日、滞在している札幌競馬場で最終追い切りを行った。

 厩舎をサポートしている武英智技術調教師がまたがり、ダートコースで単走。直線では何度もステッキが入り、重賞初挑戦へ向けて気合十分の追い切りだった。武英技術調教師は「しっかり追いました。前回は軽めの追い切りで競馬を使ったので、今回の方がしっかり仕上げています。状態はいいですね」とうなずいた。

 1600万の東大路Sから、オープンの大沼S、マリーンSと3連勝中の上がり馬。好調の要因について同技術調教師は「以前は左に逃げる癖がすごくあったが、よくやく真っすぐ走れるようになってきたタイミングだったのかも。筋力がついたとか、そういうことではない。そこまで力をつけているように見えないし、まだ体も貧弱で、カイバはしっかり食べるが、気性が激しいので太りきれない。でも自信はつけてきているのかも」と分析した。