セ・パ両リーグは9日、月間を通じて最も印象深いサヨナラ打などを放った打者を表彰する7月度の「スカパー!サヨナラ賞」にヤクルトの大松尚逸内野手(35)と楽天のJ・アマダー内野手(30)を選出した。

 大松は7月26日の中日戦(神宮)で、10―10の同点で迎えた延長10回裏にサヨナラ本塁打。アマダーは同23日のオリックス戦(コボパーク)で、同点の9回裏にサヨナラ本塁打を放った。

 両選手にはスカパーJSAT株式会社からトロフィーと賞金30万円が贈られる。