左肘頭(ちゅうとう)骨折からの復帰を目指す西武・森友哉捕手(22)が9日、イースタン・リーグ、日本ハム戦(西武第二)で復帰後1号を放った。

 3回に代打で出場し、第一打席は二塁の失策で出塁。5回2死の第2打席では日本ハム・斎藤から左越えソロを放ち、「左手をうまく使うことができていませんでしたが、今日の本塁打は左手で押し込むことができて、いい形で振れました」と手応えを明かした。

 4回からは負傷後初となるマスクをかぶり、南川と岩尾をリードして2回を無失点で切り抜けた。4回の時点で8点のリードがあったこともあり、「点差もあったので、気持ち的に楽にリードができました」と振り返った。

 8日の同カードで実戦復帰して、わずか3打席目での一発。首位争いが佳境を迎えるシーズン終盤での秘密兵器として、1日も早い昇格が待たれるが「全体的にはまだ本調子ではないので、今後試合数をこなして調子を上げていきたい。(調子は)まだ50%くらいです」と気を引き締めていた。