◆楽天―日本ハム(9日・コボパーク宮城)

 日本ハム・大谷翔平投手(23)が9日の楽天戦(コボパーク)で初回に先取点を奪うタイムリーを放った。

 2死三塁、塩見の3球目・136キロの直球を三遊間に転がすと全力疾走で内野安打とし、西川が生還した。

 10試合連続安打で6試合ぶり4番に入ってから6試合目での初打点を「バットの先でしたけど、いいところに転がってくれました。(西川)遥輝さんが先頭で出てチャンスで回ってきたので、1点取れてよかったです」と振り返った。