◆楽天―日本ハム(9日・コボパーク宮城)

 「マイナス1ゲーム差」でパ・リーグ首位の楽天が同点の3回に2アウトから、一挙5点を奪う猛攻を見せて勝ち越しに成功した。

 2死走者なしから銀次が四球を選び出塁し、島内が左前安打でつないで2死一、二塁とするとウィーラーが右中間へ2点適時二塁打。勝ち越しの一打を放った助っ人は「ツーアウトからのチャンスだったから、なんとかランナーを返したいと思っていたよ。いいところで打つことができてよかったね」とうなずいた。

 さらにアマダーが四球で出塁し、2死一、二塁とすると聖沢が有原のカットボールを完璧に捉えた。右翼席へ消える1号3ランを放ち「夏休みでめずらしく息子が応援に来ているので、息子の記憶に残るいいホームランが打てたと思います。久しぶりのいい感触でした」と笑顔だった。