◆巨人―阪神(9日・東京ドーム)

 巨人は2点を追う7回、マギーの3点適時二塁打で一気に逆転した。3点目となる陽岱鋼のホームインは、昨年引退した鈴木尚広さんを思い起こさせる「神の手」好走塁だった。

 東京ドームのボルテージが一気に上がった。2死満塁でマギーが放った打球は左中間を破った。走者2人は楽々とホームイン。一塁走者の陽岱鋼が一気に本塁を狙った。阪神守備陣も完璧な中継プレーで対抗。本塁でのタッチプレーはアウトが宣告された。

 すぐさま高橋監督がリプレー検証を要請。映像を見ると、陽の左手がホームベースの頂点をこするように触れ、タッチをかいくぐっていた。陽のホームインがアナウンスされると、G党からこの日一番の歓声が沸き上がった。