◆巨人4―5阪神(9日・東京ドーム)

 巨人は1点リードの9回に登板したカミネロが阪神に逆転を許して敗れた。巨人は2点を追う7回にマギーが3点適時二塁打を放って一度はリードを奪ったが、最後に暗転。中川のプロ初勝利も消えた。カミネロは5敗目。2000安打まであと4本だった阿部は4打席で2打数無安打だった。

 巨人は東京ドーム初登板となった畠が5回までに2点を奪われて降板。6回に阿部の犠飛で1点を返したが、すぐに3番手・中川が阪神に1点を許していた。

 しかし2点を追う7回、マギーの3点適時二塁打で一気に逆転した。3点目となる陽岱鋼のホームインは、昨年引退した鈴木尚広さんを思い起こさせる「神の手」好走塁だった。

 そして9回。東京ドームにカミネロの名前がコールされた。ところが、1死から代打・伊藤隼に中前打を浴びると、続く福留に右中間を破る同点の適時三塁打を許した。続くロジャースに左翼への犠飛を打たれ、あっという間に逆転された。

 G打線は阪神守護神・ドリスの前に3者凡退でゲームセットとなった。

 2000安打まであと4本だった阿部は第1打席で遊ゴロ、第2打席は死球、第3打席は中犠飛、第4打席は空振り三振だった。

 10日も同カードが行われる予定。予告先発は巨人・内海、阪神・メッセンジャー。