◆中日7―1広島(9日・ナゴヤドーム)

  広島・大瀬良大地投手(26)の開幕からの連勝が7でストップした。1―1の5回に暴投で勝ち越し点を献上。京田にはこの試合3安打目となる適時打を打たれた。6回には4連打を浴びて途中でマウンドを降り、今季ワーストの7失点。初黒星を喫した。

 右腕は「ブルペンから調子は良かったが、ヒットをたくさん打たれた。工夫のしようがあった。今日みたいな投球をしていたら黒星もつく」と責任を背負い込んだ。

 打線は3回に菊池が放ったソロの1点のみ。8四球1死球と出塁はしたが、併殺打3つに10残塁の拙攻だった。

 阪神が勝ったため、前日(8日)に点灯させたマジック「33」が1日で消滅。緒方監督は「また明日から切り替えて戦うだけ」とコメントした。