◆明治安田生命J1リーグ 第21節 大宮1―2F東京(9日・NACK5スタジアム)

 豪快にネットに突き刺さった。1点を追う後半25分だ。右サイドのMFマルセロ・トスカーノのゴール前へ挙げたクロスが相手DFに弾かれた。ペナルティースポットのやや後方にいたMFカウエが素早く反応。右足を振り抜くと、ボールはゴール左に吸い込まれた。「自分はセカンドボールをしっかり狙おうと思ってて、ボールが来た。普段やってるシュート練習成果が出た」と初ゴールを喜んだ。

 だが、チームは7分後に勝ち越し点を許し、1―2で敗戦。「もっともっとチャンスがあれば、決めればチームのためにもなる」。ホームデビュー戦での一発は今後に大きな期待を抱かせた。伊藤彰監督(44)就任後、まだホームでの白星はないが、J1に残るためにも13日のホーム、新潟戦(NACK)は勝ち点3が必要。指揮官は「今日のゲーム内容は、客観的に見て悪くはない。しかし、失点や、勝ち点を取りにいくところでは変えなきゃいけないところがある」と敗戦を悔やんだ。一刻も早くJ2降格圏を脱出するため、勝ち点3が必要だ。