◆巨人4―5阪神(9日・東京ドーム)

 阪神が劇的な逆転勝利を収め、自力優勝の可能性が復活した。9回1死一塁から福留が同点三塁打を放つと、続くロジャースが勝ち越し犠飛を放ち、試合をひっくり返した。金本監督も興奮気味に会見で口を開いた。

 ―シーソーゲームを制した。

「そうですね。疲れましたけど、最後、土俵際ではね返してくれてよかったです」

 ―ベンチ全体が興奮していた。

「興奮していますね。ワタクシも」

 ―福留選手が勝負強かった。

「ハヤタ(伊藤隼)もその前、センター前を打ってくれて、これ(同点、逆転が)あるかなと思った。(福留は)打ったのもそうですけど、よく三塁までいってくれました」

 ―クローザーから逆転。

 「うちも今日、(中継ぎエースの)マテオが打たれましたけど、その仕返しと言いますか、こっちもクローザーから点取ってやる。それがよかったんじゃないですかね」

 ―青柳が久々の先発で好投。

 「欲を言えばもう1イニング投げて欲しかったんですけど。5回2安打ですからね。期待以上のものは出してくれました」

 ―明日に向けて。

 「今日の勝ちを生かすために明日頑張ります」

(囲み)

 ―福留は年齢を感じさせない動き。

 「でもへばっとったで。ヘロヘロやったで(笑)」

 ―勝ちパターンが打たれた後だけに大きい勝利。

 「今日は岩崎かな。しびれるところで出ていって、今日はいつもの岩崎に見えなかった。これも経験だと思うけど、そういう場面でもこれから投げてもらう。縮こまるんじゃなくて、どんどん自分のいいボール投げる。それで打たれたり、四球なら何も言うつもりないけど、こういう試合で彼らしいボールを投げて欲しかった。これは期待を込めての言葉ですから」

 ―青柳は6回までいって欲しかった。

 「6回までのつもりだったけどね。7、8、9回で勝ちパターンのつもりだったけど、一気に疲れが出てボールが抜け出した。投手コーチも代えた方がいいと言っていたところで、ちょうど打順も回ってきたしね。できればもう1イニングいって欲しかったけど」

 ―展開次第で5回で代えようと。

 「いや、良かったらもっといっていたよ。6、7回と。抜け初めて球速も一気に落ちたからね。久々の登板で力入ったんじゃないかな。疲れもあっただろうし」

 ―福留は7月下旬の休養から状態を上げてきた。

「明日は休ませる。今日の走塁見たらかわいそうになって、申し訳ない。休みです。夏場だし、休みを増やしてあげてね。人工芝は足疲れるしね。配慮、考慮してあげないと」

 ―明日の休みは当初の予定通りか。

 「今日の調子を見て、(明日も)いってもらおうと思ってたけど、これはもうかわいそうやから」

 ―ロジャースは適時打に決勝犠飛。

 「最後の打ち方、頭いいわね。速いピッチャーに前(のポイント)でポーンと外野フライを打ちにいって。決して振らずにいいポイントで。考える力を持っていると思いますね」