◆楽天6―5日本ハム(9日・コボパーク宮城)

 日本ハム・大谷が開幕3戦目の4月2日西武戦(札幌D)以来の猛打賞に2打点。これで10戦連続安打と調子を上げてきた。

 初回2死三塁、全力疾走の遊撃内野安打で先取点を奪い、3回に右前打、7回無死一、二塁では中前適時打。しかし、1点差の9回無死二塁で左中間へのライナー性が中飛となり「しっかり振れたけどちょっと差された感じ。欲を言えば最後に打ちたかった」と反省した。