◆巨人4―5阪神(9日・東京ドーム)

 巨人が守護神・カミネロの背信投球で痛恨の逆転負けを喫した。1点リードの9回に登場も、1死一塁から福留に同点三塁打、続くロジャースには決勝犠飛を献上。2年目捕手の宇佐見が代打で2戦連続安打を放ち、7回にはマギーの走者一掃の二塁打と陽岱鋼の好走塁で逆転したいい流れを、最後に手放した。2000安打まであと4の阿部は、6回に1点差に迫る中犠飛を放つも、安打はなし。チームは3位・DeNAと4ゲーム差に後退した。

 またしてもカミネロが打たれた。外に構えた宇佐見のミットとは逆に、スライダーは内角へ。ものの見事に右中間へと運ばれた。1点リードの9回1死一塁、福留に同点の三塁打を打たれた。右腕は顔をしかめ、宇佐見は座ったまま、うなだれた。直後、ロジャースに勝ち越し左犠飛。由伸監督は「1回逆転したのでね。そこで逃げ切れれば、いや、逃げ切らないといけない」と絞り出した。

 4日の中日戦(東京D)で敗戦投手になって以来、2試合連続での救援失敗となったカミネロ。試合後は「調子は良かったと思う。相手が粘って打たれた」と、なぜか前向きだった。だが、打たれたのは事実であり、課題から目を背けてはいけない立場だ。代役候補のマシソンは現在3試合連続で失点中とあり、指揮官は「今の最善だと思ってこっちはやっている」と配置転換までは明言しなかったが、村田ヘッドは「これから考える。今後の話し合いやな」と含みを持たせた。

 場内は、阿部の2000安打を間近で見ようとお祭りモードに突入している。7回にはマギーの走者一掃の左中間二塁打で逆転。陽の本塁生還をめぐってリプレー検証から判定がひっくり返るなど、押せ押せムードだった。守護神がすべてをぶち壊した。

 そんな中、宇佐見の存在感は光った。2点を追う5回2死一、二塁で小林の代打で登場。8日にプロ初安打をマークした若武者が、青柳から右前打で好機を広げた。直後の代打・石川は右飛に倒れたが、劣勢を一打で一変させた。打つ予感を漂わせる8番打者に、指揮官も「いい1本を打ったし、その後も初めて守った中ではよくやったと思う」と及第点を与えた。

 小林の強肩に加え、宇佐見のバッティングはチームの武器になる。3回1死の第1打席で見逃し三振した小林への代打について、「んー、それだけじゃない。いろいろね」と曇り顔の由伸監督。記者の「宇佐見は小林を脅かす存在か?」との質問に「だから、オープン戦でずっと使っていたんだけどね」とも返した。

 6回2死一、三塁のピンチでは、代打・西岡の胸元を要求し、のけぞらせるなどの強気な配球も目立った。ベンチではノートに感じたことをすぐに書き込む貪欲な姿勢も見せた。送りバント失敗もあったり、課題は多いが、指揮官は「まだまだ、これからだから」と手応えは感じたようだ。

 上位進出には新たな起爆剤もほしいところ。今後は先発マスクの可能性も出てくるだろう。勝っていれば自信となり、チームにもさらなる勢いがついたはずなのだが…。(水井 基博)