◆中日7―1広島(9日・ナゴヤドーム)

 中日の京田陽太内野手(23)がプロ初の1試合5安打を記録した。5打数5安打、3打点、2盗塁でチームを勝利に導いた。

 初回に二塁打で出塁すると、1死から三盗を決め、ビシエドの遊ゴロで先制のホームイン。5回1死三塁からは右前適時打。6回2死二、三塁では一塁への当たりを快足を飛ばして内野安打として、その間に2人が生還した。京田は「5安打は、たまたまです。体の開きが早かったので、それを修正しました」と、試合前の練習で修正して、きっちりと結果を残した。