◆オリックス4―8西武(9日・京セラドーム大阪)

 オリックスが今季ワーストの11与四死球の投壊で、自力CS進出の可能性が再び消滅した。

 今季2度目の先発の山田が6四死球で4失点して4回途中に降板。福良監督も「チャンスなのに」とおかんむり。後を継いだ山崎福、小林、大山も与四死球を記録。連勝も3でストップした。