◆ヤクルト2―7DeNA(9日・神宮)

 ヤクルトは完敗で借金が再び30となった。プロ初登板初先発のドラフト3位右腕・梅野が3回5失点KO。2回に戸柱の2ランなどで3失点、3回には5四球2暴投と大荒れでさらに2点を失った。

 ドラフト制後では球団史上初の高卒新人デビュー戦勝利を飾れなかった右腕は「1軍の打者は甘い球を一発で仕留める。投げるスタミナが足りない」。「いいボールもあった」と評価した真中監督は「スタミナも含めて課題が見つかったと思う」と、再び2軍で体力強化に取り組ませる方針だ。