JRAは10日、2015年の日経賞・G2などに優勝したアドマイヤデウス(牡6歳、栗東・梅田智之厩舎)が同日付で競走馬登録を抹消したことを発表した。今後はオーストラリアへ移籍する予定。

 父アドマイヤドン、母ロイヤルカード(父サンデーサイレンス)の同馬は2013年11月の京都でデビュー。3戦目で初勝利を挙げ、翌年にあすなろ賞、若葉Sを連勝して挑んだ皐月賞で9着、日本ダービーは7着に終わった。2015年は日経新春杯、日経賞とG2を連勝。その後も重賞戦線で走り続け、今年の天皇賞・春では10番人気ながら4着に食い込んだ。その後は出走がなく、今月に入ってオーストラリアのG1・メルボルンC(11月7日、フレミントン競馬場)に直行の見通しとの動向が報じられていた。