◆報知新聞社後援 プロボクシング「ワールドプレミアムボクシング」 ▽WBC世界バンタム級(53・5キロ以下)タイトルマッチ12回戦 山中慎介―ルイス・ネリ(15日・島津アリーナ京都)

 WBC世界バンタム級王者・山中慎介(34)=帝拳=に挑戦する同級1位ルイス・ネリ(22)=メキシコ=が10日、都内の帝拳ジムで練習を公開した。シャドーボクシングやサンドバッグ打ち、さらには同ジム所属の6回戦選手、舟山大樹(23)と2回のスパーリングを披露。強烈な左フックを放って報道陣をどよめかせるなど、好調ぶりをアピールした。

 ネリは「体調はとてもいい。毎朝ランニングして、午後にジムワークをして夜も寝られている。パーフェクトだ」とリラックスした表情。山中が勝てば13度目の防衛となり、元WBA世界ライトフライ級王者・具志堅用高氏の持つ連続防衛の日本記録に並ぶ。ネリもその記録がかかっていることは知っているといい、「13度目の防衛をストップするために日本に来た。挑戦者らしく1回からプレッシャーをかけて、どんどん打っていきたい。自分の長所は手数の多さ。若い年齢でも武器となるだろう」と自信たっぷりだった。