巨人の今村信貴投手(23)が10日、1軍に合流した。出場選手登録はされなかったが、13日の広島戦(マツダ)で今季初先発が濃厚になった。ランニングなどで調整した左腕は「やることをしっかりやってしっかり投げたいです」と決意を示した。

 今村は今季2軍のイースタン・リーグで15試合全て先発。ファームのローテの軸としてチーム最多の91回2/3を投げて4勝4敗、防御率2・65という成績を残している。交流戦中に1軍に昇格した時は中継ぎとして2試合に登板して0勝1敗で2軍に降格し、再び先発として調整を続けてきた。

 チームは最近3週間、日曜日に大竹寛が先発してきたが、6日の中日戦(東京D)で6回途中4失点で登録抹消。約2か月ぶりの昇格となる6年目左腕の今村に、今季初先発のチャンスが巡ってきた。