◆巨人―阪神(10日・東京ドーム)

 巨人は先発の内海が3回まで毎回安打を許す苦しい立ち上がりとなり、2回に2点を失った。

 2回、先頭の中谷に四球を与えると、続く鳥谷に右前打を打たれ一、三塁。続く大和は見逃し三振に仕留めたが、8番・梅野に左前適時打を許して失点。なお2死二、三塁から俊介に右前適時打を浴び、さらに1点を失った。

 巨人打線は阪神の先発メッセンジャーの前に3回までノーヒット、打者9人で抑えられている。

 2000安打まであと「4」に迫っている阿部の第1打席は二直だった。