◆巨人―阪神(10日・東京ドーム)

 巨人が2点のビハインドを追いついた。

 0―2の5回1死、長野がカウント2―1から4球目の直球をフルスイング。左翼バルコニー席まで運ぶ特大の一発で反撃ののろしをあげた。6回には内海への代打で先頭打者の石川が右翼フェンス最上部を直撃する三塁打。1死三塁からマギーが右翼へ犠飛を放ち、2―2に追いついた。

 先発の内海は4回まで毎回安打を許す苦しい立ち上がり。2回に2本の適時打を浴びて2点の先行を許した。5回を除いて毎回走者を背負う投球を強いられながら、6イニングを8安打2失点でまとめ、2番手の西村にマウンドを譲った。

 2000安打まで「4」に迫る阿部は、第1打席で二直、第2打席は見逃し三振だった。