◆世界陸上 第6日(9日・英ロンドン)

 【ロンドン9日=細野友司】男子200メートル準決勝で、15年世界ユース2冠のサニブラウン・ハキーム(18)=東京陸協=が20秒43(向かい風0・3メートル)の2組2着で10日(日本時間11日午前5時52分)の決勝に進んだ。18歳157日での決勝は、世界最速のウサイン・ボルト(ジャマイカ)が05年大会でマークした18歳355日を塗り替え、同種目の最年少記録。日本勢でも03年パリ大会銅の末続慎吾(37)=SEISA=以来14年ぶり2人目の快挙だ。

 苦しかった。サニブラウンは直線で歯を食いしばって腕を振り、脚を回した。「ラッキー。後ろが誰も来ない。このまま行けるかな」。ぐっと伸び、最後は流すようにゴールへ飛び込んだ。自己記録19秒26のY・ブレーク(ジャマイカ)に0秒09差をつけ2着。ボルトを抜く最年少、日本勢では末続以来2人目の決勝進出にも「まだ実感がない。最年少で決勝に出ても、戦えないと意味がない」と言ってのけるあたり、器が違う。

 気温14度。冷たい雨を切り裂いた。リアクションタイム(号砲への反応時間)は準決勝の25人で最も遅い0秒193。188センチの長身を生かした伸びやかなストライドでコーナーを抜け出し、出遅れを感じさせない。オランダ代表のレイダー・コーチのもとで「最初の3歩」に注力して序盤の加速を改善した成果が出た。4日に100メートル予選、5日は同準決勝に出場。3レース目となった7日の200メートル予選で右太ももに張りを感じたが、翌8日は「ベッドから動いていない。起きて、ご飯食べて、寝て、ストレッチして、寝て…」と完全休養した。日本代表の伊東浩司監督(47)も「(世界)ユース(2冠)からこんなに順調に駆け上る選手も珍しい」と絶賛した。

 大器の芽は小学校時代に出ていた。所属したクラブチームで一緒に練習していた、17年世界パラ陸上女子走り幅跳び(視覚障害T11)銀メダルの高田千明(32)=ほけんの窓口=は、サニブラウンの才能を「音」で感じた。「バネが違う。一緒に走る人のことは足音で分かるけど、普通、子供はタカタカタカ…という感じ。それが、ストライドが大きいからターン、ターンと、大人と同じような音だった。あんな小学生いるんだなと驚いていました」と明かした。

 両親の思いもまた、才能を後押しした。「ハキーム」はアラビア語で「賢い」などの意味だが、ガーナ出身の父・ラティフさん(49)は「この名前(ハキーム)の人は、旅行に行ったり冒険に出たりする人が多い。周りがどうとかではなく、道を切り開いて自分の世界をしっかりつくってほしい」という願いも込めている。16歳だった15年北京大会200メートルでは史上最年少で準決勝に進み、今大会はファイナリスト。スタンドで見届けた母・明子さんは「今日は目つきが鋭くていい顔をしていたから、いくなと思っていました」と喜びをかみしめた。

 21歳で迎える20年東京五輪へ、理想的な成長曲線を描いている。自分以外の7人全員が自己記録19秒台という決勝では、宝物のような経験を積める。「先頭集団に食い込んでメダルのラインに絡みたい。脚がもげてもゴールする」。ボルトのように、日本人が短距離で勝つ姿を見たい―。そんな夢も、サニブラウンになら乗せられる。

 ◆サニブラウン・ハキーム 1999年3月6日、東京都生まれ。18歳。小学3年から陸上を始め、東京・城西高2年時の2015年7月、世界ユース選手権(コロンビア)で100&200メートル2冠。200メートルはボルトの大会記録を塗り替え、自己新の20秒34。同8月の北京世界陸上200メートルでは史上最年少の16歳172日で準決勝進出。17年日本選手権短距離2冠。今秋から米フロリダ大進学。188センチ、78キロ。家族は両親と弟。

 ◆ボルトの200メートル最年少決勝進出 初出場の05年ヘルシンキ大会で1次予選を20秒80の5組1着、2次予選も20秒87の3組2着と通過。全2組で行われた準決勝は各組上位4着までが決勝進出となる中、20秒68の1組4着。18歳355日でのファイナリストに。決勝はレース中に足を痛めながら26秒27で何とかゴールし、自身初の8位入賞。