◆巨人5―2阪神(10日・東京ドーム)

 阪神は満塁策が裏目に出た。8回2死一、三塁でマテオは村田を歩かせたが、伏兵・寺内に2点二塁打を許すと北條の失策も絡み3失点。「自分が投げきれなかったことに責任がある」と話した。

 メッセンジャーは7回に打球を右足首付近に受け降板。継投プランも狂った。金本監督は「出したサインが結果的に裏目に出たということ。(メッセンジャーは)まだ聞いてないけど、そこが一番、心配」とエースの離脱危機に険しい表情だった。