◆オリックス―楽天(11日、京セラドーム大阪)

 「マイナス1ゲーム差」でパ・リーグ首位の楽天がオコエの一打を起点に逆転した。

 1点を追う3回。先頭・オコエはディクソンの低めのカーブをフルスイング。左翼線を破る二塁打で出塁すると、茂木の二ゴロで三塁に進塁してチャンスを広げた。すると銀次の左前適時打とアマダーの中越え適時打で一気に逆転に成功した。

 前夜のサヨナラ打に続く同点打を放った銀次は「難しい球でしたが追い込まれていたので、当てたら何とかなると思って食らい付いていきました。いいところに飛んでくれましたね」と笑顔。アマダーは「みんなが繋いでくれて、この流れに乗っていきたいと思っていたよ。早いタイミングで逆転できて、4番で起用してくれた監督の期待に応えることができて良かったよ」とうれしそうだった。

 オコエは4日のロッテ戦(コボパーク)から6試合連続で「9番・右翼」で先発。5試合連続ヒットと好調を維持している。