◆ロンドン世界陸上 第8日(11日、英国・ロンドン競技場)

 女子100メートル障害予選で“美女ハードラー”木村文子(29)=エディオン=が、13秒15(向かい風0・9メートル)の2組4着で準決勝に進んだ。同種目では日本勢初めて。「ラスト3台が課題だった。冷静に、自分の動きで粘りきれた。準決勝を走ってみたいと思っていた」と目を輝かせた。

 男子100メートルで期待される9秒台と同様に、女子100メートル障害では2000年に金沢イボンヌが樹立した日本記録13秒00を更新する12秒台が注目されている。

 予選4組に登場した紫村仁美(26)=東邦銀行=は13秒29(向かい風0・6メートル)の6着で敗退した。