◆オリックス8―4楽天(11日、京セラドーム大阪)

 「マイナス1ゲーム差」でパ・リーグ首位だった楽天は逆転負けで、試合がなかったソフトバンクよりも勝率が1厘下回り2位に転落した。

 1点リードの4回に先発・岸が乱調。若月の逆転の2点適時二塁打やマレーロの10号2ランなどで一挙に5点を失った。6回8安打、今季ワースト6失点で降板した岸は「初回から良くなかったです。良かったのは5回と6回くらいですね。余計なミスが多過ぎました」と申し訳なさそうに振り返った。