◆新日本プロレス「G1クライマックス27」 ▽Aブロック公式戦 ○後藤洋央紀=10点=(11分03秒 GTR→エビ固め)飯伏幸太=10点=●(11日、東京・両国国技館)

 2年ぶりのG1出場となった飯伏幸太(35)は、公式戦最終戦で後藤洋央紀(37)にGTRからのエビ固めで敗れ、5勝4敗の勝ち点10で終わった。

 後藤に敗れたが「自分の中ではやるだけやったつもり。自分は大爆発したつもり」と内容に満足したことを表現した。中でも地元の鹿児島大会で棚橋弘至(40)を破った一戦を「いい経験をさせてもらいました」と次への自信と糧になったことを強調した。

 2年ぶりのG1を「きつかったし2年前とは違う新しい感覚を味わいました」と振り返り、「自分の中ではチャンスを切り開いたつもりです」と今後の新日マット参戦に意欲を見せていた。