◆新日本プロレス「G1クライマックス27」(11日、東京・両国国技館 観衆7495人札止め)

 Aブロック最終節のメイン・イベントで、ここまで勝ち点12でトップに並んでいた棚橋弘至(40)と内藤哲也(35)が直接対決。内藤がデスティーノ2連発で棚橋を破り、勝ち点14とし、13日の優勝決定戦進出を決めた。2年ぶりの新日マットとなった飯伏幸太(35)は後藤洋央紀(37)に敗れ、勝ち点10で終了。真壁刀義(44)はYOSHI―HASHI(35)を下し、勝ち点8で戦いを終えた。

 ▽公式戦Aブロック30分1本勝負

 〇バッドラック・ファレ=10点=(11分56秒 バッドラックフォール→体固め)永田裕志=2点=●

 ▽同

 〇真壁刀義=8点=(11分28秒 キングコングニー→片エビ固め)YOSHI―HASHI=4点=●

 ▽同

 〇ザック・セイバーJr=10点=(15分22秒 レフェリー・ストッフ)石井智宏=8点=●

 ▽同

 〇後藤洋央紀=10点=(11分3秒 GTR→エビ固め)飯伏幸太=10点=●

 ▽同

 〇内藤哲也=14点=(27分41秒 デスティーノ→片エビ固め)棚橋弘至=12点=●