磐田MF荒木大吾(23)がG大阪戦(13日・吹田)でプロ初ゴールを狙う。9日のアウェー仙台戦(0△0)で後半27分から約2か月ぶりに出場した。前線に顔を出し、FWアダイウトン、FW川又にパスを送り、圧倒的なポゼッション率の一翼を担った。「G大阪戦ではシュートを打ちたい」と意気込んだ。

 この日の紅白戦では主力組で出場し、果敢に前へと出てアピールした。「プレーでチームを助けることが出来たら、自ずと出場チャンスも増えると思う」と話した。6月4日のホーム・G大阪戦も途中出場し、3―0での勝利に貢献した。「あのときは勝っている状況で入ったので脅威が違うはず」と警戒。2戦勝ちなしのチームを強力なシュートで救う。