J1ジュビロ磐田のMF桜内渚が11日、28歳の誕生日を迎え、あす13日に地元・吹田Sで行われるG大阪戦での28歳初勝利を誓った。

 報道陣からケーキを贈られ、背番号と同じ5本のろうそくの火を吹き消した。感謝を述べながら「28歳になっても、やるべきことを90分やる。次は勝てば(勝ち点差1のG大阪と)順位がひっくり返りますし」と意気込んだ。

 この日の紅白戦では、主力組4バックの右SBとして出場。豊富な運動量で走り、パスを供給した。チームはアウェーのG大阪戦で12年3月(2〇1)以来勝利がないが、「場所は関係ない」と気にしない。むしろ「大阪での試合は大学の同級生とかが見にきてくれたりする」と気合十分だ。

 ロッカーに戻る前、「あと3本ですもんね!」と力を込めた。大阪出身ながらチーム1のG党は阿部慎之助内野手(38)の2000安打のカウントダウンも欠かさずチェック。阿部のルーキー時代から活躍を見続け、サッカーで辛いときには力をもらってきた。地元で勝って、最高の笑顔を浮かべる。(山田 豊)