J1ベガルタ仙台の新外国人DFヴィニシウス(22)が、13日のホーム・広島戦でデビューする可能性が出てきた。11日に仙台市内で行われたミニゲームでは、主力組3バックの真ん中でプレー。9日の磐田戦に先発したメンバーの大半がリカバリーのため、不参加だったが、広島戦は守備の要のDF平岡康裕(31)が累積警告による出場停止。助っ人ブラジル人の初ベンチ入りは十分あり得る。

 3日に加入したばかりだが「コンディションは良くなっている。3バックの真ん中でやることも理解できつつある。広島戦の出場はフィジカルコーチや監督の指示に従う」とヴィニシウス。渡辺晋監督(43)は広島戦でのデビューについて「登録も間に合って、元気にトレーニングできているのだから、資格は十二分にある」とした。合流してから対外試合をこなしていないため、先発ではなく試合展開に応じた途中出場になりそうだ。(竹内 竜也)