◆ロンドン世界陸上第7日(10日、英国・ロンドン競技場)

 男子200メートル決勝に史上最年少の18歳157日で出場したサニブラウン・ハキーム(18)=東京陸協=は、20秒63(向かい風0・1メートル)で7位となり、今大会の日本勢入賞第1号となった。同種目の入賞以上は03年パリ大会銅の末続慎吾(37)=SEISA=以来、14年ぶり2人目。レース中に右脚を痛めた影響で、12日(日本時間同日夜〜13日未明)の男子400メートルリレーは欠場する見通しとなった。

 ハキーム君の育ち盛りの体には、この本数(100メートルと合わせ5本)は耐えられなかった。この先を考えると、大けがにならなくて良かったと思う。決勝の強さ、速さを肌身で感じられたのは収穫だ。今大会は記録水準が高くなく、予選から決勝を通して、19秒台が1人も出なかった。ドーピングが厳密化された影響もあるのかもしれない。クリーンな日本人として、決勝で戦える人材だと示せたのも大きかったのではないか。

 200メートルは合計3本走ったが、準決勝のレースが今後彼の“勝ちパターン”になるだろう。100メートルのスピードを生かしてトップでコーナーを抜け、後半失速しないように走る。気温14度+雨という厳しい環境下でも好レースができていた。予選は思ったよりもスピードが出ず、少し力を入れすぎて右太ももの違和感につながったのかもしれない。

 今大会優勝のグリエフは、後半部分で参考になる走りをしていた。後半ブレず、苦しくなってもストライドが大きくなりすぎることなく脚を回せていた。短距離は1000分の1秒を競り合う種目。ハキーム君も、ゴールまでいかに緻密にレースを組み立てられるかを今後大事にしてほしい。(男子100メートル元日本記録保持者、中京大監督)