◆第99回全国高等学校野球選手権大会第5日 ▽1回戦 日本文理9―5鳴門渦潮(12日・甲子園)

 16安打9得点の日本文理が鳴門渦潮を振り切り2回戦に駒を進めた。3番・川村が3安打5打点1本塁打の大爆発を見せた。

 日本文理は初回に川村の2ランで先制。2回には打者9人で5点を奪った。2回途中からマウンドに上がった鳴門渦潮の2番手・鈴江の前にその後は0を並べたが、8回に代打・長谷川の適時打などで2点を追加した。

 鳴門渦潮は7−0で迎えた3回に2点を返すと、4回にも1点追加。8回には無死満塁のチャンスをつかんだが1点止まり。9回にも1点を返したが及ばなかった。

 日本文理・川村啓真外野手「難しい初戦になると分かっていましたが、勝てて嬉しい。1打席1打席集中してのぞんだ結果が、今日の5打点につながったと思います」

 日本文理・大井道夫監督「7点とっても野球は油断できない。いつひっくり返されるかと、鳴門(渦潮)さんの攻撃はすさまじかった。なんとか監督に1勝をという気持ちで頑張ってくれた」