落馬負傷のため、休養していた三浦皇成騎手(27)=美浦・鹿戸雄一厩舎=が12日、札幌競馬で1年ぶりに復帰した。

 復帰戦となった1R・2歳未勝利(ダート1700メートル=14頭立て)は、3番人気のメモリーコウ(牝2歳、栗東・松永幹夫厩舎)に騎乗し、4番手の好位で進めて5着だった。

 2016年8月14日に落馬したレース(500万、モンドクラフトに騎乗)と同じ札幌のダート1700メートル戦で復帰。「場所(札幌)も条件も、全部一緒。緊張しなかったと言えばうそになりますが、ゲートを出たら、自分でも、1年ぶりなのかなと思うくらい、冷静に乗れました。これからが大変になるなと実感しました。この1年を無駄にしないようにしたい。雨のなか、声援を送ってくださったファンの方々に感謝しています」と話した。レース後に札幌競馬場の小玉剛資場長から、復帰を祝う花束を受け取った。

 この日、札幌競馬場には、妻でタレントのほしのあき(40)と長女が来場。声援を送った。「まだジョッキーとして未熟ですが、活躍している姿を家族に見せたい。そういう思いが支えとなり、やってこられました」と、サポートしてきた妻に感謝の気持ちを述べた。