落馬負傷で休養していた三浦皇成騎手(27)=美浦・鹿戸雄一厩舎=が、12日の札幌競馬で1年ぶりに復帰した。

 同騎手は2016年8月14日の札幌7R(モンドクラフト)で落馬。骨盤骨折などの重傷を負ったが、懸命なリハビリの末、自らの希望で、落馬した場所である札幌競馬場での復帰を果たした。

 この日のパドックには、三浦騎手を応援する2枚の横断幕が飾られていた。「おかえり!! 皇 MIURA」と書かれたものと、「気魂 三浦皇成 函館ファンクラブ」と書かれたもの。あいにくの雨にも関わらず、集まったファンからたくさんの声援が飛んでいた。