J1ベガルタ仙台DF大岩一貴(27)が12日、ホーム・広島戦(13日午後7時、ユアスタ)へ闘志を燃やした。

 この日は仙台市内で約1時間半の最終調整。ミニゲームでは3バックで堅守を見せた。広島戦は3バックの真ん中を務めるDF平岡康裕(31)が累積警告による出場停止。大岩は、3バックの右から中央に移る可能性が高まっており「より責任を持ってプレーしないと。責任は増えるかなと思います。その分、やりがいは出てくると思う」と意気込んだ。

 一時は全て3失点以上で3連敗を喫するなど、守備が安定しなかったが、前節9日の磐田戦(0△0)では7試合ぶりに無失点。「前線の選手も守備をしてくれている」と、手応えを口にした。

 2試合連続無得点と、攻撃の課題はあるが、大岩は「自分はDFなので、まず守備からしっかりやる」と、堅守から攻撃への流れを作る。