リーグ2位(20失点)の最少失点を誇る磐田DF大井健太郎(33)と森下俊(31)がG大阪戦(13日、吹田S)での無失点を誓った。G大阪はMF遠藤保仁(37)らを擁し、強力攻撃陣を誇る。9日の仙台戦は無失点で大井は「(川崎戦、広島戦と)2戦5失点というのはDF陣の責任。反省した。仙台戦は気持ちで勝つことができた」と復調の手応え。森下も「みんなうまい選手ばかり。特に遠藤選手はフリーにしてはいけない」と警戒する。大井は「気持ちの面では絶対に負けない。是が非でも0に抑える」と意気込む。吹田S初勝利へ、絶対に点は与えない。