◆新日本プロレス「G1クライマックス27」 ▽Bブロック公式戦 EVIL=12点=(14分23秒 EVIL→片エビ固め)小島聡=2点=(12日、東京・両国国技館)

 小島聡(46)は、EVILを攻め続けたが、最後に力尽き2年ぶり出場のG1は、1勝8敗勝ち点2で終戦した。

 SANADAに1勝しただけの結果に「今回の成績はG1クライマックスに出場する資格のない選手だと思います」と潔く完敗を認めた。しかし「あくまでも現時点での話」と続け「来年のG1クライマックスまでに頑張って努力すれば、出場する資格が出てくるかもしれない」と来年の出場へ意欲を見せた。

 支えてくれたファンに感謝を明かし「もっともっと頑張っていきます」とあくまでも前を向いた。試合後は盟友の天山広吉(46)と握手を交わし「ありがとうございます」と感謝。天山は小島の戦いに「勝ち負けを越えた、それ以上の何かを得たはず。コジの生き様を見せてもらった」と涙を浮かべて健闘をたたえていた。