J1北海道コンサドーレ札幌FWジェイ(35)が、初の先発ピッチで連敗を止める。札幌は13日、ホームで甲府と対戦する。12日に宮の沢で行われた紅白戦で主力組に入り、加入4戦目で初スタメンが確実となったジェイは「チームとして大事な試合。100%の力を出してゴールを決める」と1つ上の14位との直接対決へ向け、必勝を期した。

 札幌での初戦となった7月29日浦和戦で、後半18分から出場し頭で得点を決めた。それでもジェイは「ベンチには慣れてないから。先発の方が力は出しやすいよ」と笑う。言葉通り、昨季まで所属した磐田での2年間で挙げた得点は54戦で34。うち33点は先発出場で決めた。「途中から試合に入ると、ペースやリズムを合わせるまで時間がかかる。長く出られる分、チームに貢献できると思う」。より力を発揮できる状況で、勝利へ導く働きを演じる。

 「コミュニケーションが大事」と練習中に気になる点があればその場で確認して来た。12日もセットプレーではキッカーと言葉を交わし、タイミングをすり合わせた。「一日一日、動きも連係も良くなっていると感じている」。存在感を示した札幌デビュー戦だが、それが真の姿ではない。より質の高いプレーをジェイが見せ、3試合ぶり白星をつかみ取る。(砂田 秀人)