◆ロッテ0―3西武(12日・ZOZOマリン)

 ロッテが伊東勤監督(54)を来季続投させる方針について、球団幹部は12日、明言こそしなかったが「監督を評価している。今年の成績だけじゃなく、この5年間の手腕を見ている」と揺るぎない信頼感を口にした。

 伊東監督は12年オフに就任し、昨季までの4シーズンで3度Aクラス入り。新たに1年契約を結んだ今季は借金34の最下位に沈み、CS進出は絶望的な状況となっているが「外国人が期待通りの活躍をしてこなかったのも事実。いろいろな理由がある」(同幹部)とさまざまな要因が重なっての低迷と分析。最終的な判断は9月に重光オーナー代行が下す見通しだ。