◆イングランド・プレミアリーグ第1節 チェルシー2―3バーンリー(12日・英ロンドン)

 イングランド・プレミアリーグの昨季王者チェルシーが12日、ホームでバーンリーと開幕戦を行い、2―3で敗れる波乱が起きた。

 前半14分、今季から新主将に就任した代表DFケーヒルが危険なプレーで一発退場となる不運な立ち上がり。同24分に先制されると、立て続けに3点を奪われ、前半を0―3で折り返した。

 後半24分、途中出場のスペイン代表FWモラタが決めて1点を返したものの、同36分、MFセスクが2度目の警告を受けて退場。1点ビハインドの上に、9人対11人という状況に追い込まれた。

 後半43分、DFダビドルイスが攻撃参加から豪快に決めて1点差に迫ったものの追いつくまでには至らなかった。