世界陸上の男子400メートルリレーで銅メダルを獲得した多田修平(21)が13日、ツイッターを更新した。

 多田は「応援ありがとうございました。6人で獲得することができた銅メダル本当に嬉しいです。最高な1日でした!!!これからも頑張ります!」とメダル獲得の喜びを表した。

 また飯塚翔太も「ありがとうございました! 今日はみんなの代わりにトラックに立たせてもらって良い経験をさせて貰いました。ここにいる以外の短距離チーム含めて仲間に恵まれた結果でした。これからも頑張ります」と喜びを感謝の気持ちをツイートした。

  男子400メートルリレー決勝で、日本(多田修平―飯塚翔太―桐生祥秀―藤光謙司)は、38秒04で銅メダルを獲得した。日本勢が世界陸上のリレー種目で表彰台に立つのは史上初。

 桐生祥秀(21)もツイッターで喜びの言葉をつづっており、喜びツイートのリレーとなった。