◆広島4―1巨人(13日・マツダ)

 巨人は6安打1得点と打線がふるわず、広島に連敗した。先発の今村は初回に3連打などで3点を失い、4回7安打3失点(自責2)で降板。2番手の中川は5回に連打を浴びて無死一、三塁とされ、併殺の間に1点を失った。巨人打線は6回無死三塁でマギーの中前適時打で1点を返したのみだった。

 通算2000安打に王手をかけていた阿部は、9回1死の第4打席で広島・今村から右前打を放ち、通算2000安打を達成した。プロ野球史上49人目。巨人の生え抜きでは川上、長嶋、王、柴田に次いで5人目の金字塔達成となった。