J1清水が広島のMF清水航平(28)を獲得することが13日、濃厚となった。関係者によると近日中にメディカルチェックなど済ませて、正式に発表される見込みだ。

 エスパルスが元日本代表MF増田誓志(32)に続く補強を敢行した。ポイントに挙げられていたのは白崎の故障で手薄となっていたサイドMF。切れ味鋭いドリブルを持つ清水をリストアップし、調査を進めてきた。

 福岡県出身の清水は同県の東海大五高から08年にプロ入りし、広島一筋でプレー。10年にはU―21日本代表としてトゥーロン国際大会にも出場した。昨季、キャリアハイの31試合に出場するなどJ1通算128試合6得点の実績がある。プロ10年目の今季は12試合の出場で無得点にとどまっていた。

 28歳のサイドアタッカーの加入が正式に決まれば、前線の競争が熾烈(しれつ)を極めることは必至。一桁順位浮上を目指すチームの底上げにつながりそうだ。