◆第99回全国高等学校野球選手権大会第6日 ▽2回戦 二松学舎大付14―2明桜(13日・甲子園)

 8年ぶり9度目の出場の明桜(秋田)は、二松学舎大付(東東京)に2―14で敗れ、1990年以来の夏1勝はならなかった。

 思いが詰まった打球だった。9回1死、明桜・松本大輝(3年)が、左翼ポール際にソロ弾。試合は大敗したが、最後に一矢報いる一発となった。試合を終え、「(ダイヤモンドを)1周しているとき、2年半の思いがすべて出てきた」と大粒の涙を流した。

 監督“不在”だった昨年の冬、一度は退部も考えた。だが、早川主将らから「お前の長打力が必要だ」と説得され、再び練習に励んだ。輿石監督が就任した今春から、一塁のレギュラーに抜てきされ、持ち味の打撃を発揮。秋田大会でチーム最多2本塁打を放った強打を聖地でも見せた。「しっかりフルスイングできた。悔いはない」。つかめなかった夏1勝は、後輩たちに託す。(有吉 広紀)