◆米男子プロゴルフツアー 今季メジャー最終戦 第99回全米プロ選手権第3日(12日、米クウェイルホローC、7600ヤード=パー71)

 【シャーロット(米ノースカロライナ州)12日=岩原正幸】首位から出た松山英樹(25)=LEXUS=は1バーディー、3ボギーの73で通算6アンダーの2位に後退したが、首位と1打差に踏みとどまり日本男子初のメジャー制覇に望みをつないだ。首位は7アンダーのケビン・キズナー(33)=米国=。小平智(27)=Admiral=はベストスコア67で18位に浮上した。

 初出場の27歳小平は、第3Rのベストスコアとなる67をマークし「こんな手応えはメジャーで初めて」と興奮気味。際どく予選を通過し「ガンガンいこうと思った」の言葉通り、ピンを果敢に攻めた。13番で60センチにつけるなど7バーディーに「これだけ難しいピン位置で67は自信になる」。70位から18位へ急浮上し「最終日も60台を出して(通算でも)アンダーで終わりたい」。