◆広島4―1巨人(13日・マツダスタジアム)

 結果を求めすぎて、余計な力みが生じた。今季初先発の巨人・今村は初回に3失点。長野の失策もあったが、先頭の田中から3連打を浴び、打者9人で4安打2四死球と出鼻をくじかれた。結果的に失点は初回だけ。4回7安打3失点(自責2)で敗戦投手となり「立ち上がりは力が入りすぎてしまった。ファームでやってきたことをできませんでした」と反省した。

 2軍では15登板全て先発で防御率2・65と安定。中継ぎで2登板して0勝1敗だった交流戦以来、2か月ぶりの1軍昇格で今季初先発のチャンスをつかんだ。2回からは修正して無失点に抑えただけに、序盤の入り方が課題として残った。

 由伸監督は「ちょっとね、バタバタした部分はあったけど、その後は粘れた部分はあった」と振り返った。打線も広島先発の岡田を攻略できず1得点で連敗。1勝2敗で今カード負け越しとなり、借金4となった。