◆第99回全国高等学校野球選手権大会第6日 ▽2回戦 二松学舎大付14―2明桜(13日・甲子園)

 明桜の27年ぶりの甲子園1勝は遠かった。公募を経て、今春就任した輿石(こしいし)重弘監督(54)は「普段出ないようなミスが出た」と肩を落とした。

 秋田大会決勝で、エース格の山口航輝が右肩を亜脱臼。初戦までに回復せず、右翼からの返球もままならない状態だった。雪辱を期す最速145キロ右腕は「(甲子園は)あと2回チャンスがある。必ず戻って来たい」と見据えた。