腰痛で故障者リスト(DL)入りしているドジャースのクレイトン・カーショー投手が、16日(日本時間17日)に打者に対する投球練習を再開する見込みとなった。デーブ・ロバーツ監督が明かした。順調にリハビリが進めば、9月初旬にも復帰が期待できそうだ。

 13日(日本時間14日)は前々日に続きブルペン入り。約50球を投げた。エースの投球練習を見守ったロバーツ監督は「しっかりと狙ったところに投げられて、『フィーリング・グッド、フィーリング・ストロング』だそうだ。次は16日にシミュレーションゲームで30から35球を投げる予定だ」と話した。

 カーショーは7月23日のブレーブス戦の投球中に右腰の張りを訴えて2回降板。翌24日から故障者リスト入りしている。